教室・講師紹介

バレエ

主宰・日高 千代子

 静岡県出身、日本女子体育大学短大舞踊科卒。

バレエを東京バレエ団、前田香絵、前田藤絵に師事。江口隆哉、金井芙三枝舞踊団に所属し、文化庁移動芸術祭、都民芸術フェスティバルなどに出演。

 

1981年 日高千代子バレエスタジオ創立

1996年 串木野市社会教育優良賞受賞

2003年 串木野市社会教育優秀団体賞受賞

2010年 「チエスト遣欧少年少女ベルギー公演」参加

 

2014年 「全国合同バレエの夕べ」    新国立劇場南九州支部代表として振り付け参加

 

2015年 国民文化祭洋舞フェスティバル参加

2018年 第8回舞踊文化功労章受章

      (公・社)日本バレエ協会会員

      (一・社)現代舞踊協会運営委員

      串木野市文化協会副会長

      国民文化祭企画委員

 

バレエ 「鶴」
吉峰史晴作曲、「鶴」新国立劇場にて

1981年創立。

バレエの基礎、基本を重視し、感性豊かなバレリーナの育成を目指して指導。

全国バレエコンクールにも、意欲的に参加し、埼玉、神戸、北九州、名古屋バレエコンクールにて入賞、入選。

古典作品だけでなく、薩摩国分寺「秋の夕べ」、第2、第3回「国際青少年音楽祭」などで創作バレエを発表し、韓国、中国の青少年と舞踊での交流に参加する。